TOP

風俗で遠慮せずに楽しんだ時の体験談です。

即プレイって感じで慌ただしかったですね。

一見でデリヘルを利用してみました。駅近くのホテルで先に男性スタッフの説明があります。そのあとに簡単なんですけど、誓約書にサインをします。これは風俗嬢の嫌がることはしませんみたいな宣誓書のようなものですね。したことがないからわかりませんけど、注意事項をやぶったらその時点で警察に突き出されるそうですよ。そのあと男性スタッフが退散して入れ替わりに女の子が入ってきます。年の頃は私と一緒かな。ということは40歳くらいということになりますよ。部屋に入った瞬間に、「見つけてくたの?」なんて女の子が聞いてきます。「え?」って私が聞き返すと、「わからない?」っと言われてその声でわかりましたよ。以前他の店でなんどか遊んだことのある女の子でした。というか女の子のほうがよく覚えててくれたなってそのことのほうが感動しました。昔の友人に会ったみたいでなんか雰囲気がまったりしちゃって、プレイ自体も時間がなくなって即プレイって感じで慌ただしかったですね。


おっぱいとおまんこを攻める

ムラムラっと来たので、空いた時間でK崎のピンサロへ寄り道しました。受付けで写真を見るもかなり私の苦手なギャル系もいますが、地雷と言うような不細工女もいないようですが、ピンと来るような女の子もいません。受付けの男性スタッフは積極的に女の子の指名を勧めてきますが、選り好みして待っている時間もないので、フリー宣言しました。指名料¥2,000を払うのはこんな女の子たちなら躊躇すらできませんよ。なんて言葉にはだしませんけどね。今回は抜くことに専念します。来てくれた女の子はこの中では良い方のインプレッションの女の子だったので、ちょっとだけモチベーションはアップ。とりあえず下ネタエロエロ方向に話を振り、早々にエロエロプレイ開始です。キッスは、ピンサロの女の子としてはテクニックはありませんでしたが、親切丁寧なベロベロ使いに、やはりちんぽはリアクションしますね。女の子の服を脱がし、パンティ一枚にして、おっぱいとおまんこを攻めると、ほどなくおまんこが濡れてきます。